自宅で永久脱毛は可能なのか???

 

 

自宅でホントに永久脱毛ってできるの?って思いませんか?

 

 

答えは、「YES]です。

 

 

じゃあ、どの脱毛器なら永久脱毛が可能なの??

 

それは、「レーザー脱毛器」であれば、「もう生えてこない」脱毛は可能です。
(日本では、家庭用レーザー脱毛器に「永久脱毛」という文言を使っていはいけないということになっています。)

 

でも実際には、私はワキの脱毛をレーザーで行いました。もう生えてきません。
もう生えてこない=永久脱毛だといえると思います。
「生えてこない状態がずっと続く」脱毛はレーザーであれば自宅で可能です。

 

 

>>自宅でできる唯一のレーザ脱毛器 トリア 公式サイトはこちら<<

 

 

家庭用レーザー脱毛器 トリア

実は、現在売られている家庭用の脱毛器の中で「レーザー脱毛」ができるのは、
「トリア」という脱毛器のみです。
なぜかというと、「トリア」を作っている「トリア・ビューティ」という会社はアメリカの会社ですが、現在脱毛クリニックで使われている医療レーザー機器を発明した会社であり、レーザー脱毛関連の特許の多くをこの「トリア・ビューティ」が持っているため、ほかの会社は同じようなレーザー脱毛器を作ることができません。
ですので、今日本で販売されている、レーザー脱毛器はトリアのみとなっています。
トリアレーザーはまずアメリカでFDAの認可を受けている信頼性の高い技術であるため、薬事法が違うアメリカでは、トリアは「永久脱毛器」として、販売されています。

 

 

>>トリア・ビューティ 公式サイトを見る<<

 

じゃあ、ほかの脱毛器ってどうなの?

 

家庭用脱毛器で人気のある「ケノン」「ラヴィ」「センスエピ」等の家庭用脱毛器はどうなの?と思いますよね。
実は、それらの脱毛器は「フラッシュ脱毛」という方式を使っています。
フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も「光」を利用する方式としては同じですが、レーザー脱毛器が、黒色色素のみに反応する光であるのに対して、
フラッシュ脱毛は様々な波長の光を肌に照射し、さらにその出直の強さは、レーザー脱毛器トリアの約1/3〜1/4の強さとなっています。
ですが、出力が弱い分、回数を増やすことで、毛根を極力無力化させることは可能です。
ですので、フラッシュ脱毛を使った脱毛は、レーザー脱毛の約3〜4倍の回数をあてることで、「はえてこない」状態にします。
ただ、やめてしまうと、いずれ生えてくる可能性はあります。

 

実際にトリアを使ってみた口コミ

実際にトリアを使ってみることにしました。私はワキの脱毛はもう済んでいますので、目的は、腕・脚・ビキニライン・口の周りの毛です。
11月に新発売になった新色のピンクを買いました。私は腕と脚という広範囲を脱毛したかったので4Xという従来タイプを選びましたが、もし、ワキやビキニラインなど狭い部分の脱毛がメインとを考えている人の場合は、トリアの中の、ミニタイプ「プレシジョン」を購入してもいいと思います。
値段は36,800円と、家庭用脱毛器の中では安く、ホントに生えてこなくなる自宅脱毛の中では最も安い家庭用脱毛器だと思います。
4Xとの違いは、充電バッテリーが約半分ということです。
出力の強さについては同じ強さの光が出ます。

 

 

トリアを使ったときの痛みについて

トリアには5段階(プレシジョンは3段階)の出力レベルがありますが、レベル5にするとかなり痛みがあると思います。
ですが、ほかのフラッシュ脱毛器も出力レベルを上げると痛みがあります。

 

痛くない脱毛は効果がない と以前クリニックで言われたのですが、その通りだと思います。
毛根を光の力で熱を与え無力化するのですから、エネルギーがちゃんと届いている証拠だと思います。
痛みには個人差がありますが、私は初めて使ったときはレベル1で始め、レベル3まであげても大丈夫でした。
部位によっても違いますが、腕よりはすね毛のほうが痛かったです。
それは私の脛の毛が腕の毛よりも太かったことによると思います。
Vらいんに関しては、痛みが強いことが想像できたので、レベル1と2でやっています。

 

トリアビューティのお客様相談室に電話してみると、より回数少なく(短い期間で)脱毛を終わらせたい場合は、レベルを上げるのが効果的。
レベルを落とした場合はより回数が必要になってくる、とのことでした。
でも大事なことは、無理のない範囲で高いレベルにすることだそうです。痛みを我慢してやっても、続けなければ意味がないので、続けられるレベルでやることですね。あと、保冷材で冷やしてやると、痛みを感じづらくなり、処理が進むと毛が減ってくるため、徐々に痛みを感じなくなるとのことです。

 

 

照射範囲の狭さについて。やるのがめんどくさくないの?

これについては、フラッシュ脱毛器の多くが広い照射口があるため、早くお手入れが終わるということはあると思います。
でも先にも述べたように、フラッシュ脱毛は一回のお手入れは早くても、回数を必要とします。その間毛周期を待たねばならないので、
必然的に、2週間から1か月に一回の割合で繰り返しますから脱毛が完成するのは先になります。
あと、フラッシュ脱毛器は、かなり強い光が出ます。
かなりの破裂光ですので、サングラスはかけたほうがいいと思います。さらに毛根に反応する光だけでなく、いろんな波長の光が出ているため、肌へのダメージも大きいです。ですので、フラッシュ脱毛した後は、冷却ジェルなどでお肌をケアする必要があります。

 

ですが、トリアは、照射口が狭く光が漏れることがありません。サングラスも必要ないため、たとえばテレビを観ながらでも処理をすることができます。
さらに光をチャージする時間は短いので、照射間隔が短くて済みました。

 

照射方法も「トリガー」タイプではなく、肌に押し当てると照射されるので、楽に処理していくことができます。

 

 

自宅で永久脱毛した口コミまとめ

 

唯一のレーザー脱毛器であるトリアは脱毛効果が高い。
脱毛効果が高いため、痛みは感じやすい
まぶしい破裂光が出ることがないのは大きなメリット
照射に関しては手間はかかるがそんなに大変ではない。

 

ということで、「もう二度と生えたくない」「ムダ毛の処理を卒業したい」という人は、トリアがおススメです。
「どうしても痛みがないほうがよい」「毛は薄いので脱毛効果は低くてもよい」「時間がかかっても構わない」という人は、ケノンなどのフラッシュ脱毛がおススメです。

 

 

 

 

脱毛サロンの脱毛効果

永久に脱毛ができるのは、「医療用レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」だけと言われています。
巷で「ワキ980円」とかってCMしている、いわゆる脱毛エステサロンの施術はどうなんでしょうか。
脱毛エステで脱毛をしても、やめた後時間がたてば、また生えてきます。
それは、脱毛エステで使える機械が、「フラッシュ脱毛」という機械だからです。
フラッシュ脱毛はレーザー脱毛器よりも光の強さが弱いので、毛根を完全に無力化して毛が生えないようにすることは難しいのです。
ですので、脱毛エステサロンでは、「永久脱毛」をうたっているところはありません。

 

 

実際に私はもともと脱毛サロンに通っていました。理由は値段が安い、ということです。
しかし、実際に行ってみると予約は取れないし、サロンに行ったときは数日で毛は抜けてきれいになるのですがまた生えてきます。
結局は元通りになってしまったのです。

 

夏の水着になる時期に合わせて半年前から通っていたけど結局はダメでした。

 

でもワキの医療脱毛をしてからは、もう脇のムダ毛の処理のことは忘れてしまえたんです。
こんなうれしいことはないですよね。

 

腋毛が生えていたらやっぱりテンションも下がります。いざっていうとき、お泊りもできません。
でもすね毛とか腕毛は「剃れば、いいかな」って思っていましたが、今は家庭用の素晴らしい機械があります。
5万円台で「もう二度と処理しなくてiいい」「毛の存在を忘れてしまう」ことができるなんて、夢のようです。

 

トリアならそれが可能になるので、自宅で永久脱毛したい人にはお勧めです。

更新履歴